粘度計のパイオニア ビスティック株式会社 資料請求・お問い合わせ

落球式粘度計 KF10型(レオテック社)|粘度計(ラボ用途)ラインナップ

Global  日本語
新製品のご紹介
μVISC(マイクロビスク)は、米国RheoSense社が開発した、革新的な微量粘度計です。


カタログダウンロード
落球式粘度計 KF10型(レオテック社)
※ユーザーID・パスワードの取得は、資料請求よりお問合せ下さい
マイクロビスク
ニュートン流体のサンプルを正確な温度で精度良く測定

【製品概要】
KF10はヘプラー型測定原理を基本としたDIN53015規格に準拠した
落球式粘度計です。単純な測定原理でニュートン流体のサンプルを正確な温度で
精度良く粘度 測定することができます。測定方法は傾 斜したガラス管の中にサンプルを充填し、管内にボールを落体させ、落体時間を計測致します。
粘度は落体時間とボールの定数に比例致します。ボールは特殊ガラス製、
ニッケル一鉄、鋼鉄製、等6ヶが標 準付属されています。
ガス、蒸気等を測 定する気体専用のボールも用意しています。
ガラス管の傾斜は測定目的に応じて4段階変えられます。
仕様
粘度測定範囲 0.5〜7x10の7乗mPas
測定精度 0.5〜2%(ボールによる)
測定時間 30〜450sec
測定距離 100mm(50mm)
ガラス管傾斜角度 70°,60°,50°DIN規格 80°角度4種
測定温度 −60〜150℃
サンプル量 40ml