放射線を使用しない密度計

【製品概要】

SDMはRHOSONICSが自信を持ってお届けする、放射線を使用しない、新世代超音波技術密度計です。摩耗性を持つスラリー測定では、ほとんどが放射線式が使用されてきました。
この測定法への唯一の代替法を提供して長年にわたる実績を持つRhosonicsが新たに導入した製品がSDMスラリー密度計です。
使用するのは同じ超音波技術ですが、新型密度計は新規材料を採用するとともに、エレクトロニクスを改良して革新的な計算方法を導入しました。
新しい密度測定デバイスは精度が向上したばかりではなく、安定性も改善されています。

動作原理

スラリーのアコーステック・インピーダンスを測定して密度を計算します。
具体的には超音波信号の減衰を測定して密度を算出します。

利点

• 放射線を使用しません
• 環境に優しい
• 低い運用コスト
• 安全性と耐久性に優れたプローブシステム

特長

• 高い精度と再現性
• あらゆるタイプのスラリーに対応
• コンパクトな統合システム
• 簡単な操作(シンプルなユーザーインタ-フェイス)
• プロセスとの接続(HART、4-20mA)
• 連続データ・システム記録
• センサーとエレクトロニクスを簡単に分離可能
• 摩耗の影響を受けません。新しいAWD(自動摩耗検出)技術を採用
• 従来よりも強く、明瞭な信号(新しいセラミック材料を採用)

スラリー密度計

Rhosonicsのスラリー密度計は、センサー、アナライザー、ケーブル、ソフトウェアを1つに統合したシステムです。 したがって、これまでの密度計よりも軽量化されています。さらに、HARTプロトコルを内蔵することによって通信機能が向上しました。新しいセンサー材料の採用により、SDMはこれまで対応できなかった難しい応用にもご使用いただけます。

SDMセンサー型番 SDM1 SDM2 SDM3 SDM4 SDM5
設置方法 UFTC Spool Weldolet UWC Wafer
センサー長(mm) 16 34 52 146 200
適合配管厚さ(mm) 無し < 17 > 17 無し 無し
適合配管径(mm) 無し 無し 無し < 750 > 750

 

技術仕様
計測方法 超音波(アコースティック・インピーダンス)
密度測定範囲 500 … 2.500 g/l
周囲温度 +5  ~+65 °C (41…149 °F)
測定物温度 +5  ~+110 °C (41…230 °F)
最大圧力 16 bar (1.6MPa)
表示 SG, Solids g/l, Density g/l
オプション Wt%  固形分濃度 (calculated value)
測定精度 +/− 0.005 (S.G.)
計測時間 < 1 to 60 s (調整可能)
通信 HART 4 … 20 mA output (1x)
データ・ロッギング USB メモリー・スティック経由
電源 18 ~32 VDC, 8 Watt
設置方法 Spool(センサー長: 16 mm)
Weldolet   (センサー長: 34 又 52 mm)
Wafer(センサー長: 146 又 200 mm)
フランジ: DIN/ANSI/JIS (他)
適合配管サイズ 最大32B
接液部材質 セラミック・SUS
保護等級 IP67, NEMA 4X
接続ケーブル 3X M16X1.5.
ディスプレー RGB ディスプレー
(ガラス保護カバー付)
重量 約 6 kg
外径寸法
(L×W×H)
212 ×170 ×218 −402* mm
*各プローブセンサー長に依る

 

代表的応用

SDM は、スラリー密度測定が必要な多くの応用でご使用いただける密度計です。
たとえば、工業分野での代表的応用例として濃縮槽の底流、サイクロンの供給ラインなどを挙げることができます。
その他にも、浚渫、発電所から発生する灰、石灰乳などへの応用が可能です。
得られた測定値はプロセス制御に使用され、さらに流量測定値と組み合わせて生産の収量管理に使用されます。
摩耗性が強く、重みのあるスラリー測定を考えた場合、放射線方式の代替え法として使用できるのはRhosonicsの超音波密度計だけです。